『 八幡坂まで徒歩2分、借景はハリストス正教会。』

緑の屋根と漆喰の白い壁。ロシアビザンチン様式の歴史的建築物であるハリストス正教会は、日本で初めてのロシア正教会聖堂。函館のランドマークと言っても過言ではないハリストス正教会は、観光スポットとしても高い人気を誇ります。ハリストス正教会の鐘の音は1996年(平成8年)に「日本の音風景百選」に認定されており、週末土曜の17時と日曜午前10時に1回あたり3分から5分間にわたり港町・函館に鐘の音が響き渡ります。夏は昇る朝日を背景に、冬は雪景色に佇むハリストス教会を借景に、歴史の香り漂う西洋文化が美しく溶け込んだ風景の中で、新しい暮らしを始めてみませんか。函館・元町での暮らしに憧れていた貴方へ。待望の売土地がデビューします。

煌びやかな夜景も花火も

八幡坂は絵になるスポット
八幡坂、TVCMやドラマのロケに高頻度で使われ、観光でも人気のスポット。昭和の時代には、老夫婦が仲良く手をつなぎスキップするシーンですっかりお馴染みとなり「チャーミーグリーン(食器用洗剤の商品名)」の坂と呼ばれたこともあります。函館で一番有名な坂である八幡坂まで徒歩2分の場所に、今回販売する売り土地があります。
arrow_upward