省エネ住宅『OMソーラー』の家

本物件は省エネ性能の高い『OMソーラーシステム』を導入しております。

システムの概要をメーカーHPより抜粋します。

 

【冬のしくみ】

屋根に降り注ぐ太陽の熱を利用して空気を温め、それを床下に送り、土間コンクリートに熱を蓄えます。蓄えた熱は、室温が下がると同時にゆっくりと放熱して建物全体を床から温めます。「OMソーラーシステム」が稼働している間は、常に新鮮な外気を室内に取り込み換気します。

 

【夏のしくみ】

屋根面に当たった日射熱をハンドリングボックスにて屋外に排出し建物内が熱くなるのを抑えるとともに、その排熱を利用してお湯をつくります。地域によって差がありますが1日50℃、300~500リットルのお湯ができます。また、夏の晴れた日の夜は、放射冷却により冷えた外の空気を床下に取り込むことで、建物内を少し涼しくするとともに、翌日の冷房負荷が抑えられます。

 

※OMソーラー株式会社 HPより抜粋 (HPのリンクはこちら⇒https://omsolar.jp/

室温の設定など、システムの運転はリビングの壁に取り付けられた操作パネルで調整します。

室内の床には空気を循環させるための通気口があり、常時空気を循環させながら、設定された室温を維持します。

暖房や冷房の機能をシステムが管理してくれるので、室内には暖房器具もエアコンもありません。その分お部屋はスッキリしている印象を受けます。

また、室温管理のほかに給湯に要するエネルギーもシステムで賄っています。ソーラーパネルを使用したシステムなので、冬季などエネルギーが不足するときには灯油ボイラーで補います。

『OMソーラー』と『建築時のこだわり』

オーナー様に伺ったポイントをまとめました
Q

これまで実際にお住いになってきたオーナー様からも『OMソーラーは夏は涼しく、冬は暖かいのでとても快適』とお聞きしています。特に冬はいつでも、どの部屋でも暖かいので、温暖な地域から北海道へ移住を検討されている方にとっては、寒さに対する不安が軽減されるのではないでしょうか。

給湯については、夏場はソーラーのエネルギーだけで60℃ほどのお湯が供給されるので、システムで全てを賄えるそうです。冬はエネルギーの不足分を灯油ボイラーで賄う程度。灯油の給油は夏1回、冬2回。料金にして年間5万円ほどなので、灯油代は通常の家庭の1/3ほどになるそうです。

また、建築会社のアフターサービスもしっかり対応していただけるようになっており、これまでにも不具合等があると親切に対応してくれたそうです。このサービスは新所有者へも引き継がれるそうなので、購入後の建物に関するトラブル対応やリフォーム相談なども安心です。

建築時には、カラ松の床材にワックスをかけずに仕上げたり、壁にホタテの貝殻を使用した漆喰仕上げを採用するなど、できる限り自然素材を使用した設計をされたそうです。タモの木を使った引き戸など、随所にこだわりが感じられる造りになっています。

室内はバリアフリー(段差なし)のためオール引き戸となっており、車椅子生活も可能です。
A
これまで実際にお住いになってきたオーナー様からも『OMソーラーは夏は涼しく、冬は暖かいのでとても快適』とお聞きしています。特に冬はいつでも、どの部屋でも暖かいので、温暖な地域から北海道へ移住を検討されている方にとっては、寒さに対する不安が軽減されるのではないでしょうか。

給湯については、夏場はソーラーのエネルギーだけで60℃ほどのお湯が供給されるので、システムで全てを賄えるそうです。冬はエネルギーの不足分を灯油ボイラーで賄う程度。灯油の給油は夏1回、冬2回。料金にして年間5万円ほどなので、灯油代は通常の家庭の1/3ほどになるそうです。

また、建築会社のアフターサービスもしっかり対応していただけるようになっており、これまでにも不具合等があると親切に対応してくれたそうです。このサービスは新所有者へも引き継がれるそうなので、購入後の建物に関するトラブル対応やリフォーム相談なども安心です。

建築時には、カラ松の床材にワックスをかけずに仕上げたり、壁にホタテの貝殻を使用した漆喰仕上げを採用するなど、できる限り自然素材を使用した設計をされたそうです。タモの木を使った引き戸など、随所にこだわりが感じられる造りになっています。

室内はバリアフリー(段差なし)のためオール引き戸となっており、車椅子生活も可能です。
arrow_upward