函館の古都、元町の輝き。

生鮮食品のスーパーや学校、病院が近いことは生活利便性という点では大切な要素のひとつですが、「暮らしを楽しむ」という視点とはちょっと違います。
自宅周辺を散策するにしても、生活道路があって新旧様々な住宅が建ち並ぶ、いわゆる住宅街ではどこを歩いても目にするのは同じような風景ばかり。「静けさ」は担保されるかもしれませんが、それだと少しつまらない気もします。

ここ西部地区では、歴史を感じさせてくれる建物にしばし眺めてみたり、歩いている足元にふと視線を送ると函館山が要塞だったころの名残をあらわす石標を発見したり、「毎日が観光、毎日が探検」的な気分を味わうことができます。

また、ここ数か年の間に観光都市としての行政施策として、函館元町地区の公道は、石畳が敷かれて美しく整備されました。自宅敷地前の道路が石畳だなんて、なんと優雅なことでしょう。

八幡坂はTVCMやドラマのロケに高頻度で使われ、観光でも人気のスポット。昭和の時代には、老夫婦が仲良く手をつなぎスキップするシーンですっかりお馴染みとなり「チャーミーグリーン(食器用洗剤の商品名)」の坂と呼ばれたことで、すっかりお馴染みですね。函館で最も有名な坂である八幡坂まで徒歩1分の場所に、今回販売する売り土地があります。

暮らしを楽しむには環境選びが重要

美しき“石畳の道”を訪ね歩く

函館市元町の八幡坂は、観光で訪れる方が必ず訪れると言っていいほどの名所。ロシアビザンチン様式の歴史的建築物であり、「日本の音風景百選」に認定されている鐘の音で有名なハリストス正教会や元町カトリック教会など、函館を題材にした絵葉書に描かれるような歴史の重みと異国情緒あふれるロマンチックな環境から、2区画の住宅建築用地を販売いたします。函館・元町での暮らしに憧れていた貴方へ、待望の売土地がデビューします。

arrow_upward