家づくりの依頼先を考える

工務店or建築家orハウスメーカー、あなたはどこに依頼しますか?

その1.

工務店に依頼する

木造住宅を建てるのは棟梁が中心。しっかりした構造に決め細やかな造作など「実際の作り手」だから、当然に安心感がある。しかし、工務店の不得手なところは残念ながら提案力。「要望を出してくれれば、そのとおりに作ってあげるよ。」とは言うものの、言い換えれば、それはお施主様自身がデザインを考え、自ら提案者になれなければならないということ。昔の人はよく言ったものです。「家は3回建てないと理想の家にならない」、「建ててみてから、ここはこうしておけばよかったなんて所がいっぱい出てくる」。

その2.

ハウスメーカーに依頼する

様々なサポート体制を組み、総合力で安心感を寄せられるがハウスメーカー。 融資や税金面などの相談に乗ってくれる営業担当、打ち合わせのたびに何回でも図面を書き直してくれる設計担当、工事が始まれば竣工までしっかり現場を監理してくれる工事担当がいて、一見万全のように思えるが・・・。 多忙な毎日を過ごしている都会人は、そうそう住宅建築を一から学んだり比較研究する時間も取れないので、とかく知名度やブランド力を信頼してハウスメーカーに頼みがち。しかし、全体的に平均点をクリアしているように見えても、担当それぞれがプロフェッショナルなのだろうか。幅広い建築知識や経験・ノウハウを携え、数多くある工法の中から実際に建築する地域や環境、お施主様の希望にあったものを推奨し提案する。自社商品を売ることが足かせとなり、あるべき姿・理想が実現されないのが、残念ながらハウスメーカーの負の宿命である。広告宣伝コスト等の関係から、価格は割高になる傾向が強い。もちろん、特定のハウスメーカーに対して、熱烈なファンである場合はこの限りでない。

その3.

建築家(デザイナー)に依頼する

独立開業する前に、自らが建築会社に勤務していた私が一番おすすめするのがこのスタイル。建物建築の命ともいえ、最も重要なのがデザインや設計。敷地条件やお施主様の趣味やライフスタイル・暮らし方を踏まえ、建物だけでなく敷地を含めた全体的な空間設計をしてくれるところが最大のメリット。 周囲の街並み、光の取り入れ方、平面や断面計画で変化を作り、計算から生まれた快適性など、住めばすむほど楽しくなっていくのが建築家の為せる業。 次に挙げられる利点は、設計と施工が分離されることにより、もたらされる効果が大きいということ。一級建築士である建築家が、現場で施工をしっかり監理し検査する。建築家は設計図書どおりに施工されているかをチェックし、また施工する側は納まりの悪いところがあれば建築家に相談し、互いにアイデアを出しながらベストに仕上げていくという形を持てる意味合いは大きい。 そして、最後の利点となるのが積算(見積)単価の透明性。デザインするプロが施工するプロから出される詳細見積の内容をしっかり検討できるということ。相見積もりで施工会社を選定する場合、良い意味で施工側の価格競争心理が働き、「良い物を少しでも安く、適正な値段で買う」という理想の形をとれること。 建築家に依頼する場合に、一般的に150万円~200万円程度の設計ならびに監理料が掛かったとしても、十分に本体価格で吸収できるレベル。つまり、「同じ予算で納得のいく最高のものを建てる」いう考え方。これが、私が推奨する一番の理由です。

arrow_upward