9:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2016年11月11日
ブログ

『望ましい売買契約書作成のポイント』

 

 

昨日は午後から所属する宅建協会函館支部の不動産研修会へ。

研修内容は『望ましい売買契約書作成のポイントについて』と題して、札幌から弁護士の諏訪祐滋先生をお招きしての講演。その作成技術や考え方、注意点について知識を深めてきました。

 

大事なことはとにかく記述すること

 

現地や面談でいくら丁寧に詳しく説明しても、やはり契約書にしっかり記載しておかなければ、いざ紛争に発展した場合は何の意味も無い。曖昧を避け、しっかり調査した内容や契約条件をより具体的に記載することが、いかに重要かという内容でした。

一般的には、売主さんの買主さんも不動産の取引に慣れていらっしゃる方は少なく、専門家でありプロとしての仲介業者の責任もは重大です。

 

 

紛争の予防も宅建士の重要任務

 

思い込みや過度の期待から発展しがちな紛争。われわれ宅地建物取引士が安心安全な取引に導かなければならないことは言うまでもありません。

こういう研修会に参加するたびに、より一層知識を深め精進しなければならないと心に誓うのであります。


 

 今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

それでは、また次のブログでお会いしましょう♪


函館の不動産の有効活用・運用はファインエステートへ

 

store

会社概要

有限会社ファインエステート
arrow_upward