9:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2020年05月12日
不動産売却の知識とノウハウ

わが母校「函館市立桐花中学校」の校歌

平成28年3月末をもって統合により閉校となった桐花中学校。
付近の大川中学校と五稜中学校、そして桐花中学校の三校が統合され、あらたに五稜郭中学校として誕生しました。


もう母校の校歌を聴くことができなくなってしまうと思うと、寂しい気持ちになりますね。

2016年3月20日に桐花中学校吹音楽部の生徒さんがファイナルコンサートで披露してくださった校歌斉唱を動画に記録しましたので、ここにご紹介します。

桐花中学校の歴史

昭和22年、亀田小学校の併置校として亀田村立亀田中学校の名称で開校し、翌年に亀田村立桐花中学校に名称を変更。

平成28年3月までの桐花中学校卒業生の数は延べ14,742名、そして69年間の歴史に幕を降ろすことになりました。

平成28年4月より、五稜郭中学校に校名が変更され、校舎はいまも使用されています。

桐花中学校の校歌

函館市立桐花中学校 校歌

作詞 工藤 誠
作曲 林 喬木

 

桐の花 紫におい
けだかしや 教えの道に
永遠の 理想輝く
ああわれら 若き血おどり
胸張りて 仰ぎ励むよ

 

降る雪の しろがね光り
すがしさや 学びの園に
清新の 文化満ち足る
ああわれら ひとみもさやに
夢追いて むつびいそしむ

 

朝がすみ 夕霧かおり
うるわしや 亀田の里に
いやさかの 歴史照りはゆ
ああわれら 大地を踏みて
健やかに 努め学ぶよ

 

『君の瞳に恋してる』~函館市立桐花中学校音楽部ファイナルコンサートより

平成28年3月20日函館市芸術ホールで同校のファイナルコンサートが開催されました。

在校生のほか、音楽部OBや歴代顧問の先生方も参加。
また、サッポロ・シティジャズに出演するフルート奏者 按田佳央里さんを特別ゲストにお迎えして、美しい音色を奏でました。

この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
函館ラ・サール卒。商船系データ通信会社から建築・不動産産業界へ転身。宅地建物取引士+二級建築施工管理技士。ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算25年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。
arrow_upward