9:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2017年01月25日
ブログ

「函館市亀田地区統合施設基本設計案」説明会に参加して



昨日は、午後6時から美原にある亀田福祉センターで行なわれた平成31年度完成(供用開始は32年度より)予定の『亀田地区統合施設基本設計に関する説明会』に参加してきました。



市民プラザの期待もあったが、単なる立派な美原町会館では?


行政側の説明者は生涯学習部を中心に構成された課長クラスのメンバー、説明に参加したのは施設を利用するユーザーの方々。


私は函館桐花通商店会の代表で参加しましたが、ほかには亀田青少年会館の存続を考える会、婦人団体、児童館の関係者、中学や高校の教員、美原地区の住民の方々などの参加がありました。


市の基本設計に関する説明に対して、住民側から出されたおもな質問や意見、要望は以下のとおり。


  • 吹抜けを中止し、図書館機能の縮小を避けてもらいたい(計画では新聞雑誌絵本などを中心に3000書程度のコーナーを設置予定)
  • 交通量の多い美原中心部に建設することで、ここに通う児童への安全面の確保に配慮してもらいたい
  • 保護者と乳幼児が遊べる、寛げるスペースを作ってもらいたい
  • 調理機能を兼ねての研修室に設置される調理台1台は少ない。もっと調理台を増やし設備を充実させてほしい。
  • 児童が安心して遊べるように大人との接触は無いほうが良いのでは?
  • 自然災害時の避難場所に指定されるのか?緊急炊き出しなどに対応できるか?
  • 高齢者の交流スペースは他と比べて狭い
  • 中学や高校生の吹奏楽や演奏会の場として使用できるか?
  • 講堂の床はダンスなども楽しめるようフローリング仕上げにしてもらいたい



今回の新築計画は、既設の亀田公民館、亀田青少年会館、美原老人福祉センター、美原児童館(以上は廃止決定)、そしてあらたに建替えとなる亀田福祉センターの5施設を統合するものですが、昨日の説明会に参加した感想としては、すでにガチガチに計画が決まっており、今さら計画変更は受け付けないのだろうなという印象を持ちました。


確かに、題目は説明会であって意見交換会ではありませんが。利用者になる方々は、熱心に意見や要望をぶつけていたのに...。



行政コストの縮減が主目的に!?


既存5施設の床面積の合計は4,383㎡で、これに対し新しく建設される統合施設は4,341㎡。

数値上は42㎡が小さくなっていますが、床面積だけで比較すると今とほど同規模です。ただ、もともと目的が異なる施設を統合するからには、単にボリュームだけ同規模を確保するという考えが適切とは思いません。

昨日の説明会に参加した限りでは、どのコーナーも中途半端に小さく、決して使いやすいものにはならないのだなという感じ。


欲を言えば、5施設を1ヶ所に集約するだけで行政の負担するコストはおおきく縮減できるはずなのに、無理に床面積に拘る必要があるのか。もっと、実用性重視で利用者が使いやすい施設を作るべきでは...そう考えます。


函館市は人口減少を見据えてという前提があるので、その考えの中に「今は不足に感じても、いずれちょうどいいサイズになる」という思惑があるのでしょう。

しかしながら、市民に求められていないものに24億円を投じる意味がどこにあるのか、という気持ちになってしまった。


そもそも、今回の統合計画は行政コストの見直しから始まったもの。

動機としては素晴らしいと思うが、それがこの事業の主目的になってしまっては本末転倒であろう。

すべてを受け入れるわけにはいかないだろうが、真摯に謙虚に市民の要望を反映させられる計画であってほしいと私は願う。



公共の図書館の重要性


最後に。

今回の説明会で住民側から繰り返し出された要望の中に、「図書館の確保と充実」という言葉があった。

公立の小中学校の図書館には古い本しかなく、非常にお粗末な状況であり、「図書館と呼べるものではない」と現職の教員が話された言葉が心に残った。

学校の図書館、そして地域にある公共の図書館。

これらについて、いま一度存在の意義を考えることも、この街の文化的な発展のために重要なことなのかもしれない。


今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

そして、上のボタンでイイねやシェアしてくれたら嬉しいです。

それでは、また次のブログでお会いしましょう♪


この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算22年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。
store

会社概要

有限会社ファインエステート
arrow_upward