9:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2020年08月15日
不動産売却の知識とノウハウ

八雲町山越地区に海が一望できるひまわり畑

8月上旬、「函館近郊でひまわり畑を鑑賞できるスポットがないかなぁ」と思っていた矢先、偶然にもSNSで見かけた投稿をもとに、函館から車で1時間30分、ハーベスター八雲にほど近い場所、八雲町山越地区にあるひまわり畑に行ってきました。

山越地区の高台に広がる、青い海と八雲町の花「ひまわり」を一望できるスポット

八雲町の公式サイトによると、山越地区の有志3名が遊休地を活用して、町の花「ひまわり」を植えられているとのこと。

広大に開けた高台の土地に、個人の方々が栽培されているひまわり畑を、鑑賞用に一般公開していただけるなんて、なんとありがたいことでしょう。

ご迷惑がかからないよう、マナーを守り節度をもって楽しみましょうね。

主題は黄色いひまわり(向日葵)、副題は青い空と白い雲で!

強風のせいか、一部に倒れかけたひまわりも見受けられましたが、元気に健やかに生育したひまわりもたくさん咲いていました。

ここのひまわりは密集して咲いているので、写真撮影においてもきっと絵になることでしょう。

 

ハート型の額縁越しに、ひまわり撮影を楽しめます。

ハート型にくりぬかれ、ブルーを背景にしたボードがひまわり畑の中央付近に設置されていました。

ハート型の額縁の中に、ひまわりの写真を納めるのも楽しいですね。

もしも、ここで記念撮影するなら、ボードの前に立って撮影しましょう。ボードの裏に回るのは、畑に足を踏み入れて、ひまわりを傷つけてしまうことになるので、絶対に避けましょう。

個人の方が愛情を込めて手入れしているひまわり畑ですから、マナー良く鑑賞させてもらいましょうね。

八雲町山越地区にあるひまわり畑の行き方や場所は?

ハーベスター八雲から見ると、ほんのちょっと函館よりで、国道5号線に案内表示看板が設置されています。

場所は山越小学校裏手の高い台です。
国道5号線から入り、踏切を渡ってすぐ左に分岐する道があるので、そこを道なりに進むと見つけられます。

グーグルマップをつけておきますので、参考にしてみてください。

 

この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
函館ラ・サール卒。商船系データ通信会社から建築・不動産産業界へ転身。宅地建物取引士+二級建築施工管理技士。ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算25年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。
arrow_upward