9:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2017年02月19日
ブログ

雪が降らないと困る業種って?





昨晩からのしんしんと降り続けた雪。
そのため今朝は早起きして、氷点下7℃の下、おおよそ50メートルにわたりせっせと雪かきを行ないました。


ご覧のとおり、弊社ファインエステートの店舗前にある「桐花通中央」のバス停周辺の雪かきもすっかり日課に。

今年の函館は雪が異常に少ないのですが、やはりまだ2月ですから降る時は降りますよね。



雪が降らないと、こんな業種の方々が困る...!?

雪国に暮らしていると、とかく厄介者扱いを受ける雪なのですが、実は思うように雪が降ってくれなければ困る業種もあるのです。


・土建業者:除雪の仕事が減る。

・給排水設備業者:暖冬だと水道凍結トラブルが少なく、仕事が減る。

・スキー場:雪が少ないとお客さんが来てくれない。

・自動車板金:路面凍結での衝突事故が減り、事故車修理の仕事が減る。

・衣料品販売:冬物衣料が売れない。

・建設業者:除雪費の支払が少なく済むので利益に直結、そして工事も捗る。

・保険会社:水道凍結トラブルや自動車事故が少ないと、保険金の支払いをしなくて済む。


どうやら、建設業者さんや保険会社さんには喜ばしいことなのかもしれませんね。

ほかにも、雪が少ないことで影響を受ける業種があるかもしれません。ご存知の方は教えてくださいね。


さて、今年は暖冬と言いつつも、1月・2月は北海道の厳寒期です。

この雪を見る限り、春はまだまだ遠そうですね。



今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

また、次のブログでお会いしましょう。



この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算24年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。函館ラ・サール卒21期生。
arrow_upward