9:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2017年03月04日
ブログ

函館ラ・サール高校同期、活躍する医学博士「大渕修一」氏


2017年3月3日付 北海道新聞朝刊より


函館ラ・サール高校を卒業したのは昭和58年、あれから早34年。


大渕修一君は市立亀田中学校からラ・サールへ進学。私は桐花中学校卒なので、高校時代の三年間を一緒に過ごした同期生になります。


昨日の北海道新聞朝刊に彼のことが紹介されており、友人として嬉しい気持ちになりましたので、この感動をみなさんにも(笑)




今や介護予防の理学療法の権威に。

超高齢社会となったわが国で、今や人気の職業にもなった理学療法士。大渕君がこの業界に進もうと決めたのが、今から34年前。その先見の明の素晴らしさたるや。


現在は、東京都健康長寿医療センター研究所・高齢者健康増進事業支援室長、在宅療養支援研究部長を務めており、彼が研究しているテーマは「介護予防」。健康維持を続け、認知機能の衰えや介護状態、また病気になることを予防するといったものです。


日本の財政難という状況を考えれば、薬に頼るのではなく適切な運動を取り入れた予防法は、国の医療費支出を圧縮できる期待の分野ともいえます。


高校同期の友人が活躍している姿を見て、私も更に頑張ろうという意欲が沸いてきました。




今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、次回のブログでお会いしましょう。






この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算22年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。
arrow_upward