9:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2017年03月06日
ブログ

激辛坦々麺の有名店 同楽舎(どうらくや)|函館市谷地頭町

激辛坦々麺の同楽舎|函館市谷地頭町

 

以前からずっと気になっていたお店。

谷地頭電停前に店を構える 坦々麺の『同楽舎(どうらくや)』さんです。

 

今日は谷地頭町中古住宅のご案内後、時計を見たら1110分。

物件案内後に必ず寄ろうと心に決めていました(笑)

 

 

激辛坦々麺として観光ガイドに載るほどの有名店

 

メニューは坦々麺だけの一品勝負。私が惹かれていた理由はここです。

 


 

 席につくと「いらっしゃいませ」とお冷を運んでくれた店員さん。

「辛さはどうなさいますか?」

 

辛いのが得意な私ですが、初めての注文となるので「普通」の辛さで頼みました。

そして待つこと56分。

運ばれてきたのがこちら↓です。

 

激辛坦々麺の同楽舎|函館市谷地頭町

 

白いネギと赤いスープのコントラストが美しい。

やや固めのストレート麺。スープとの絡み具合も絶妙。

 

スープはピーナッツと胡麻の香ばしい風味と、山椒が程よく効いた“舌にジンジン来る辛さ”がたまらない。酸味も感じられ、本格的な坦々麺です。旨かった。

 

辛さは2倍、3倍と頼めるそうですが、私は普通でちょうどよかったです。

なお、辛さはテーブルに備え付けの“辛みの種子”でお好みの辛さに調整できます。

 

激辛坦々麺の同楽舎|函館市谷地頭町

 

〆にライスを入れて雑炊としても楽しめる

 

...と思ったのは、スープまで飲み干して完食してしまった後(笑)

ライスは150円で頼めるので、次に食べに行った時には、忘れずにやってみたいと思います。

 

気さくでやさしいお人柄な女性店主。

「ご馳走さまでした」と言ってお店を出るときに掛けてくれた丁寧な挨拶。

昭和レトロを感じさせてくれる地方都市の商店街にあっても、接客の精神は一流だと感じました。

 

■店舗情報

店名: 同楽舎(どうらくや)

住所: 函館市谷地頭町25-15(市電「谷地頭」電停前)

電話: 0138-22-7713

定休: 水曜・木曜

営業時間: 午前11時から ※スープがなくなり次第、売り切れ終了。

※2017年5月末日をもって、長期休業に入るとのこと。人気のお店だけに再オープンの日が待たれます。

 

谷地頭商店街には魅力的なお店が他にもあります♪

 

この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算22年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。
store

会社概要

有限会社ファインエステート
arrow_upward