10:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2021年05月25日
不動産売却の知識とノウハウ

不動産売却をお考えの方必見!高く売るにはどうすればよいかについて解説!

「不動産売却をしたいが高く売るにはどうすれば良いのか」

「高く売れるのであれば不動産売却を考えたい」

函館市にお住まいで、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

せっかく売却するのであれば、できるだけ高く売りたいのが心情です。

そこで今回は、高く売るにはどうすれば良いのかについてご紹介します。

1.より高く売るにはどのようにすれば良いのかについて

それでは早速、冒頭の疑問にお答えしていきます。

同じ物件であっても、高く売るための行動をするのとしないのとでは、売却価格に差が生まれます。

高く売るための行動について知り、実践するだけでより高く売れるのであれば、実践しない手はありません。

①相場を把握しておく

ご自身で似た条件の物件の相場を把握しておくと、もし査定価格が相場と離れていた場合、疑問を投げかけられますよね。

②不動産会社側の提案に全て従うのではなく、しっかりと自分の意志を持ち、不明な点や引っかかる部分があれば必ず明確にする

③タイミングを考えて売却する

より物件が高く売れるタイミングで売却活動を行うことが大切です。

一般的に、最も物件が高く売れる時期は年度末です。

皆さんも、年度末に新生活スタートに向けて物件を探した経験、物件を後にした経験があるのではないでしょうか。

そのタイミングで売却に出すことで、より高い値段で売れるのです。

また、7月や8月も、年度末の次に高い価格で物件が売れるタイミングなので、ぜひ覚えておきましょう。

④日当たりが良い状態にしておく

日当たりの良さは、高価格を算出するための重要な条件の1つです。

もちろん立地によって限界はありますが、周囲の木などが邪魔をしていることによって日当たりが悪くなってしまっている場合は、庭木の撤去や枝払いなどの対策を講じるといいです。

出来るかぎり、日当たりが良い状態にしておきましょう。

⑤内覧はプレゼンテーションの場!しっかり備えて準備する

できる限り綺麗にしておくことで、物件を買おうか検討している人に良い印象が残ります。

生活感などが残ってしまっていると、あまり良い印象を抱かれない可能性がありますし、売却の価格を高くすることが難しくなってしまいます。

まるで新築の物件を内覧しているかのような状態を目指してみてください。

 

<参考記事>
家を売る際の内覧準備のポイント|見学者の来訪に備えて売主が準備すべきこと

 

⑥これまでの補修や工事の履歴があればしっかりと説明できる状態にしておく

正しく工事履歴を伝えられると、価格にも納得感が生まれますし買い手も安心して契約に踏み出せます。

これまでにどのようなリフォームを行ったのか、しっかりとまとめておきましょう。

以上が、より高く売るために、オーナーができることをご紹介いたしました。

 

2.売却を後悔なく終えるために大切なこと

ここまで、どのようにすれば、より高く売却できるのかについて解説しました。

必ず、実践してみてください。

しかし、ただ高く売るための方法を知っているだけでは、後悔や失敗を招いてしまうケースがあります。

高く売るためのコツを知ることも大切ですが、後悔しないためのコツについて知ることもとても大切です。

続いては、売却を後悔なく終わらせるための方法をご紹介します。

それは、売却のスケジュールに余裕を持たせることです。

スケジュールの余裕の無さが売却の後悔に繋がってしまったというケースが多くみられるからです。

例えば売却の時期と、ご自身の物件購入の時期などが重なってしまうと、忙しくなってしまいますよね。

それによって妥協せざるを得なくなり、後悔の残る売却になってしまうという可能性もあります。

売却は予想よりも長期間になる可能性もあるため、余裕を持っておくことが大切なのです。

まずは半年程度かかると考えておくベターです。

不動産で後悔しない売却のためには、時間的な余裕をもつことが肝要です。

 

3.必ずしも査定額で売れるとは限らない

これは、見出しでお伝えしたように、必ずしも査定によって算出された価格で売却できるわけではないということです。

高く売るための行動を実践し、想像以上に高い査定価格が導き出されたにもかかわらず、それより低い価格で売却されてしまったとなると、落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれません。

査定価格は、売却価格ではなく、あくまで、売却価格の予想にすぎません。

なかなか売れない場合は値下げが必要になる場合もあります。

このことを知らないで売却を進めてしまうと、納得感が無いまま売却活動を終わらせてしまうことに繋がりますよね。

このことはあらかじめ知っておきましょう。

4.不動産を高く売却するには、業者の販売技術が不可欠!

不動産を高く売却するために、ここまではオーナーができること、余裕をもったスケジュールを組むこと、タイミングを考慮することなどをご紹介してきましたが、実は高値売却を実現させるために不可欠かつ最も重要なファクターがあるのです。

以下に、わたくしどもが実践経験を踏まえて高値売却を実現したノウハウをご紹介しますので、ケーススタディとして下記リンクを参考にしてみてください。


【お客様レビューあり】家・マンションを高く売るための必要条件を徹底解説!


【家を高く売る講座】キャリア25年の現役宅建士が明かす、高値売却方法7選!


【値下げに喝】不動産売却で値下げする前にやるべき施策を業界歴25年の宅建士が徹底解説!


【事例解説付】家やマンションが売れない理由と対策、実践解決方法のプロセスを公開


 

 

5.まとめ

今回は、函館市で不動産売却をお考えの方に向けて、高く売るにはどうすればよいのかについて解説しました。

また、後悔なく売却を終える方法や、知っておくべきことについてもご紹介しました。

ぜひ今回の情報を参考に、売却を始めてみてください。

ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

売り出し中の中古住宅やマンションに買い手がつかず、なかなか売れない。場合によっては1年以上も売れない状態になることも。
「売出価格が相場より高いわけではないし、物件に欠陥があるわけでもないのに...」
実は、このような現状に悩んでいる売主さんは少なくありません。
なぜ、家やマンションが売れない理由はどこにあるのでしょう?
不動産仲介営業の現場で活動する業界歴25年の宅地建物取引士が、それぞれの事象ごとに分析し解決策の切り口を示します。
【ココが盲点!】 中古住宅やマンションが売れない原因と解決策のヒント
売り出し中の中古住宅やマンションに買い手がつかず、なかなか売れない。場合によっては1年以上も売れない状態になることも。 「売出価格が相場より高いわけではないし、物件に欠陥があるわけでもないのに...」 実は、このような現状に悩んでいる売主さんは少なくありません。 なぜ、家やマンションが売れない理由はどこにあるのでしょう? 不動産仲介営業の現場で活動する業界歴25年の宅地建物取引士が、それぞれの事象ごとに分析し解決策の切り口を示します。
この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
函館ラ・サール卒。商船系データ通信会社から建築・不動産産業界へ転身。宅地建物取引士+二級建築施工管理技士。ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算25年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。
arrow_upward