10:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2021年06月26日
不動産売却の知識とノウハウ

不動産売却での業者選びのポイントについて解説します!

函館市で不動産売却をご検討されている方で、業者選びにお困りの方もいらっしゃると思います。

また、どのような基準で選べば良いのか分からないという方もいらっしゃると思います。

本記事では、そのような方のために業者選びのポイントについて解説します。

1.業者選びの重要性について

業者選びのポイントについてご紹介する前に、業者選びの重要性についてご紹介します。

みなさんの中には、「どのような業者に依頼しても一緒ではないか」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこれはとても重要なことなのです。

重要である理由は、不動産売却においてさまざまな面で業者が主導となって行うためです。

具体的には、不動産の売却価格や集客方法、内覧者への接客や交渉、売買契約の締結、不動産の受け渡し業務などは基本的に業者が主導となって行います。

そのため、それらをしっかりとこなせる業者でないと、なかなか売却できなかったり、満足のいく金額で売却できなかったりします。

不動産売却の成功は、業者選びにかかっているといっても過言ではありません。

 

2.業者選びのポイントについて

では、次に業者選びのポイントについてご紹介します。

本記事では、5つのポイントをご紹介します。

①次の物件購入を依頼する不動産会社に依頼すること

住み替えなどでご自宅の売却と同時に、新居を購入する場合において、まだ次の物件の購入を検討されていない方や、購入する予定のない方は以下のポイントだけを参考にしてください。

既に購入する物件が決まっている方や、不動産会社に購入の依頼をされている方は、その会社に売却の依頼をすると言う方法があります。

その不動産会社としては、売却が完了しなければ物件が購入されないため、タイムスケジュールを意識した効率的な活動が期待できます。

また、売却代金と購入代金の受け取り時期などを調整してくれる可能性があるのもメリットです。

②不動産業者の信頼度について

その業者が信頼できる会社であるのかについて調べることは、安心して依頼をする上で重要です。

そのため、不動産売買をするために必要や宅地建物取引業の免許を持っているかを確認しましょう。

売却する物件が所在する地域での不動産業者の実績は評判を調べたり、業者のウェブサイトから会社の経営理念や特徴、また働いているスタッフはどんな人たちなのかがわかるスタッフ紹介ページを確認するなどして、絞りこむことが可能です。

このほか、免許を交付した行政庁(函館近郊であれば渡島総合振興局)に行くことで、業者の名簿を無料で閲覧でき、過去の業績や情勢処分歴などが分かるため、不安な方は利用すると良いです。

③得意分野を把握すること

不動産売却を受託している会社にも種類があり、得意な分野も異なります。

具体的には、分譲会社や買取再販業者、仲介を専門とする業者、その他不動産投資ファンドなどのさまざまな営業形態の会社が不動産売却の取り扱いをしています。

そのため、どのような種類の会社がどのようなことに長けているのかについて調べ、ご自身にとって合っている会社を選びましょう。

④提案力を重視すること

業者を選ぶ際に、その会社の大きさで選ぶ方もいらっしゃいますが、会社の大きさで選ぶことはあまりおすすめしません。

大きい会社は多くの見込み客を抱えているため購入希望者を見つけやすい傾向にありますが、中小の会社の方がその地域に関する情報が豊富であったり、大手より販売技術が優れている、また親身になって相談に乗ってくれるなどの特徴があります。

そのため、会社の大きさよりもどのような売却活動を行なってくれるのかと言う提案力、どのような業務サービスが提供されているかなどの方を重視する方が間違いないでしょう。

⑤営業力があるかどうか

会社としては問題がないとしても、その会社の営業力が高くない場合は不動産の売却活動はなかなか進みません。

そのため、宅建士の資格の有無や不動産売却に関する知識の有無などから営業力を判断しましょう。

調べ方としては、検索サイト等で気になる業者のホームページを見つけたら、不動産売却に関する知識や高値・早期売却のコツなどを紹介するお役立ち記事(コンテンツ)を発信しているかどうかの視点でチェックしてみると、その業者の営業力やレベルがわかります。

また、不動産売却は長ければ年単位の付き合いになるため、営業力とは別に、相性や人間性といった視点でも問題がないか確認することも重要な要素ですね。

3.業者選びに関する注意点について

次に、業者選びをする際の注意点についてご紹介します。

①7つの視点を押さえれば、不動産業者選びで失敗は避けられる

不動産業者選びで成功するには、業者の能力を見極める必要があります。次の7つの視点で判定していきます。

・専門知識や経験が豊富である
・誠実で信頼がおける
・調査スキルが高い
・問題解決スキルが高い
・市場分析スキルが高い
・口コミや評判が良い
・マーケテイングスキルが高い



特に、マーケテイングスキルの差は、実際の不動産売却の局面において、売主に対して大きな利益・不利益につながります。

その一例をご紹介します。

・4000万円で売れる区分所有マンションを3000万円で売ってしまった。
・1180万円で売れる一戸建てに対して、900万円台に下げないと売れないと売主に提案した。
・950万円で売れる木造一戸建てに対して、780万円の売出価格を売主に提案した。

 

このように、マーケティングスキルとは需要をもとに市場性に基づいた売り出し価格の設定と販売技術に裏付けられた営業力のことであり、あなたの不動産をどの業者に販売委託するかにおいて、重要な決定要因となるのです。



参考までに、さらに詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

不動産売却はどこがいい?「失敗しない不動産仲介業者選びの秘訣」を見る>>>

 
 

②相談や査定はなるべく早めに受けること

不動産売却は非常に長い期間を要する可能性が高く、買主がすぐに見つかった場合でも、買主が住宅ローンを利用する場合は、売買契約後に本審査を通過するまでに1カ月程度かかります。

上記のように、不動産売却ではさまざまな段階で多くの時間を要するため、査定の依頼はできるだけ早めに出すように心がけ、不動産売却の流れやタイムスケジュールについてしっかり説明を受けましょう。

4.まとめ

本記事では、不動産売却における業者選びの重要性や選ぶ際のポイント、注意点について解説いたしました。

不動産売却をご検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

また、当社は不動産売却のご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

不動産売却に先立ち、媒介契約の種類を選択しなければなりませんが、どの媒介契約が自分に適しているのでしょうか。
あなたに合った媒介契約を選ぶには、①不動産売却に関する知識、②経験やキャリア、③物件の商品価値や特性、④期間、⑤売主の性格や事情、この5つの基準がポイントになります。
【自己診断シート付】一般媒介と専任媒介の違いは?メリット・デメリットを比較して、あなたに合った媒介契約はどれがいい?
不動産売却に先立ち、媒介契約の種類を選択しなければなりませんが、どの媒介契約が自分に適しているのでしょうか。 あなたに合った媒介契約を選ぶには、①不動産売却に関する知識、②経験やキャリア、③物件の商品価値や特性、④期間、⑤売主の性格や事情、この5つの基準がポイントになります。
この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
函館ラ・サール卒。商船系データ通信会社から建築・不動産産業界へ転身。宅地建物取引士+二級建築施工管理技士。ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算25年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。
arrow_upward