10:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2021年06月27日
不動産売却の知識とノウハウ

不動産売却はいつ行うべき?タイミングについて解説します!

不動産売却をご検討されている方の中には、いつ行うべきかお悩みの方もいらっしゃると思います。

「不動産売却の最適なタイミングが知りたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、函館市にお住いの方へ、不動産売却を行うタイミングを解説します。

1.不動産売却のタイミングを見極めるのは難しい

不動産売却のタイミングに関しては、絶対的な正解がないため、専門家でもそのタイミングを図るのは難しいです。

具体的には、不動産相場をもとに売却のタイミングを図る方法があります。

しかし、不動産の相場は細かい変動を繰り返して、大きな波を形成しているため、その細かい変動までは予測しづらいのです。

そのため、相場が上昇傾向にある際に、少し下落したからといって焦って売却をしてしまうと、その後に再び上昇し損をするケースもあります。

2.不動産の売却タイミングについて

では、どのようなタイミングで売却をすると良いのでしょうか。

本記事では、6つの観点で解説します。

①市況

不動産の価格は、社会の状態の影響を受けやすいという特徴があり、不景気の際には価格は下落し、好景気の際には上昇するという傾向があります。

具体的には、戸建ての相場は基本的に横ばいが続いていますが、マンションの相場は2013年から上昇しています。

しかし、2021年以降はオリンピック開催の有無などから相場が不透明と言われています。

②時期

具体的には、人々のライフスタイルの転換機である4月の直前である2月、3月は住み替えの需要が高まるため、好条件で売却できる可能性が高いです。

そのため、1月後半には購入希望者が多く募れる状態を作るために準備を始めることが重要です。

③築年数

住宅は築年数が経過するごとにその価値が下がってしまいます。

そのため、高く売りたいという方は、築年数ができるだけ浅いうちに少しでも早く売ることが重要です。

特に、築10年以内の戸建ては相場の下落が早いため、注意してください。

④ローン金利

具体的には、ローンの金利が低い時に売却する方が良いと言えます。

金利は買主が住宅ローンを組む際に影響するため、金利が低いほどローンを組みやすいです。

そのような購入する側の視点にも立てるとより売却しやすいでしょう。

⑤税金の優遇

住宅を売却するタイミングによっては、税金の優遇措置を受けられることがあります。

手元に残るお金を増やすためには、家を高く売る以外にも売却する際の出費も抑えることが重要です。

そのため、さまざまな税金の優遇措置を調べて、それに合わせて売却することも1つのタイミングを図る方法と言えるでしょう。

⑥個人的な事情

住宅を売る理由として、個人的な事情によって売却する必要があるという方もいらっしゃると思います。

実際に、住み替えを行った方の中には子育てのしやすい場所に住みたいという方や良い環境がある場所に住みたいという方も多くいらっしゃいます。

このように、利益は求めすぎず個人的な事情で売却を図ることも良いでしょう。

3.売却するべきではないタイミングについて

次に、売却するべきではないタイミングについてご紹介します。

売却するのにおすすめのタイミングがあるように、あまりおすすめできないタイミングもあります。

本記事では、2つの観点からご紹介します。

①相場価格が上昇しており、今後も上昇が見込める時

上記でもご紹介したとおり、相場価格が大きく捉えると上昇している際に売却をしてしまうと、価格が上昇し切ってから売却することで得られた分の利益を損してしまいます。

そのため、不動産会社などの専門家と相談をしながら、相場をしっかりと見極めてより高く売れるタイミングで売却する必要があります。

例えば、売却を検討している住宅の周辺に再開発などの計画がある場合は、その後も価格の上昇が見込めるため、要注意です。

②税金の優遇がギリギリ適用されない時期

全ての売却のタイミングを税金の優遇政策を中心に合わせるのは難しいかもしれませんが、少し待てば特例が適用できる場合などは調整ができると思います。

しかし、どのような税金の優遇制度があるのかを知っておかないと損をしてしまう可能性があります。

そのため、どのような税金の優遇制度があるのかについて、専門家に聞いたり、ご自身で調べたりして、確認しておきましょう。

不動産を売却する際は、プロの力を借りることが重要です。

ご自身だけで売却を行ってしまうと、多角的な視点と経験の欠如から失敗してしまう可能性もあります。

そのため、売却をご検討されている方はできるだけ早く専門家に相談しましょう。

4.まとめ

本記事では、不動産売却のタイミングについてご紹介しました。

売却するタイミングはさまざまな観点から決められるため、その判断が難しいですが、専門家の意見を取り入れながら、ご自身にとって満足のいくタイミングで行ってください。

大切な不動産だからこそ、より良い条件で売却したいもの。
誰もがそう考えます。
そこで、今回は業界歴25年の宅建士が、不動産売却における最適なタイミングをテーマに解説していきます。
知っておきたい!不動産売却におけるベストなタイミングとは?
大切な不動産だからこそ、より良い条件で売却したいもの。 誰もがそう考えます。 そこで、今回は業界歴25年の宅建士が、不動産売却における最適なタイミングをテーマに解説していきます。
この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
函館ラ・サール卒。商船系データ通信会社から建築・不動産産業界へ転身。宅地建物取引士+二級建築施工管理技士。ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算25年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。
arrow_upward