10:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2020年03月09日
不動産売却の知識とノウハウ

借地の場合、車庫証明は誰からサインをもらうの?

アパートやマンションなどの賃貸住宅、また月極駐車場を借りている状況で、る車を買い替えるときは自動車の保管場所証明いわゆる車庫証明が必要になります。

では、車庫証明の署名欄に記名押印するのは誰になるのでしょう?

借地の場合、車庫証明は誰からサインをもらうの?

ご質問の内容は、地主さんから借りている土地(借地)上に自分(家族)名義の建物がある場合です。

ここで理解しておかなければならないことは、借地に建物を所有していても土地の所有権を取得しているわけではなく、土地を借りる権利を有しているに過ぎないということ。あくまでも賃借権というわけですね。

ですから、借地のケースはやはり土地所有者(地主)さんから証明をもらわなければなりません。

 

証明できるのは土地所有者(=地主)です!

車庫証明書に記名押印をもらうのは土地所有者であるという前提を理解しておけばわかりやすいかもしれません。

借地であることをすっかり失念して、建物を所有している自分自身が記名押印したものを警察署に提出しても「認めてもらえない」ことを覚えておきましょう。

管理会社の代理調印はダメなの?

□賃貸住宅や店舗の場合


具体的には、アパート、マンション、貸家、貸店舗、貸事務所のことです。
貸主(大家さん)または管理会社があれば管理会社の代理調印も可
 


□月極駐車場の場合


貸主(土地所有者)または管理会社があれば管理会社の代理調印も可
 


管理会社とは、土地た建物所有者と管理業務委託契約を取り交わしている業者のことであり、一般的な入居募集だけを行なう不動産仲介会社ではダメということになります。

 

一般媒介で、貸主が特に不動産業者などに管理を委託していない場合は、契約書に貸主の連絡先が記載されていますので、直接、貸主に尋ねてみると良いでしょう。

ご自身で貸主さんの御宅に署名をもらいに行けるなら、3,000円程度かかる「交付手数料は要らないよ」と言ってくれることもあります。

 

□借地の場合

貸主(地主さん=土地所有者) または 貸主が管理会社に管理業務委託しているのであれば、管理会社の代理調印も可

 

このように、土地所有者と管理会社が管理業務委託契約を取り交わし、車庫証明交付について代理調印する事への委任を受けていれば、貸主の代理人として管理会社の調印でもオッケーです。

車庫証明が必要な時は、土地所有者か管理会社に問い合わせしてみてください。
ご参考にしていただければ幸いです。

 

不動産売却が思うように運ばず不満に終わった、失敗したという人の多くは、知識や情報不足によるものです。すべてを不動産業者まかせにせず、初心者でも必要最低限の不動産売却に関する基礎知識を知っておかなければなりません。
不動産売却に成功する人は、どのような知識や知恵を活用しているのでしょうか?
業界歴25年の宅建士が実践経験に基づいた他では読めない知識とノウハウを公開します。
【保存版】「家・マンションを売る」不動産売却の知識【完全ガイド】
不動産売却が思うように運ばず不満に終わった、失敗したという人の多くは、知識や情報不足によるものです。すべてを不動産業者まかせにせず、初心者でも必要最低限の不動産売却に関する基礎知識を知っておかなければなりません。 不動産売却に成功する人は、どのような知識や知恵を活用しているのでしょうか? 業界歴25年の宅建士が実践経験に基づいた他では読めない知識とノウハウを公開します。
この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
函館ラ・サール卒。商船系データ通信会社から建築・不動産産業界へ転身。宅地建物取引士+二級建築施工管理技士。ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算25年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。
arrow_upward