9:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2017年11月08日
ブログ

新聞記者からの手紙に思うこと

先日、消費税増税やそれに関連して地域の経済のことに関して北海道新聞社から電話取材を受けた。

この手の依頼には普段からできるかぎり協力しているが、今日その時の新聞記者から礼状が届いた。

人の心を動かすは気遣いと思いやり。

これまで数多く協力してきた私だが、このような礼状をいただいたのは初めてだった。取材時の話を聞く姿勢も質問の掘り下げ方も、実に熱心かつ一所懸命だった。そして、この直筆の手紙に、また心が動かされた。

 

IT化が進む世の中になったとは言え、基本は人対人。

人は誰しも周囲の助けを借りて、支えられて生きている。目上の人から持ち上げられ、若い人たちから押し上げてもらう処世の力学。こういう気遣いや思いやりはとても大切なことであり、これをきちっとできる人は、立派な新聞記者になることでしょう。


また、いつでも私でよければ協力させていただきます。

今後も、ますますがんばってください。
この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算22年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。
store

会社概要

有限会社ファインエステート
arrow_upward