9:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2018年02月18日
ブログ

FFストーブがエラー!?大雪が降ったときは排気筒の確認を。

今日は、「雪国あるある」的なお話ですが、わざわざ業者さんに頼むまでもない、知っておくと損しない生活お役立ち情報のご紹介です。

 

今朝、同居の父が「FFストーブがエラーになる」と...

今朝、同居している父から「FFストーブが点火しない」と聞き、もしやと思い屋外を見に行くと、案の定予想どおりの光景が広がっていました。

排気筒の周辺が雪で覆い塞がれそうな状態でした。雪ですっぽり埋まったわけではなくても、安全装置が働くためなのか、ストーブは運転エラーになり燃えなくなるんですよね。
 

長靴に履き替えて、雪に埋まりながらも、アルミスコップで掘ること約30分。50cm幅×深さ80cm×距離10m=4立方メートルの雪かき大作戦。冬場の運動不足解消も兼ねて頑張りました(苦笑)

大雪のときは、FFストーブ排気筒周辺の点検を忘れずに。

さて、今年の函館は観測史上3番目に多いと言われるほどの積雪量。

FFストーブを使用されている方は、雪がたくさん降ったときは特に注意して、排気筒周辺を点検してみることをおすすめします。

運転エラーになったとしても、業者さんを呼ぶまでもなく、ご自身で雪を退ければ正常に復旧できます。参考にしてみてください。

 

この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算22年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。
arrow_upward