9:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2018年11月14日
ブログ

はじめて家を売るときに、知っておくべき不動産売却の流れ

お住まいの売却や買い替えを考えている方は、どのような手続きが必要なのだろうか。売却までに、どのくらい時間がかかるのだろうかなど様々な不安や疑問が頭をよぎるに違いありません。お住まいの売却について、取引の流れに沿って説明します。

1.売却相談・査定依頼

電話やメール、あるいは直接ご来店いただき、当社の雰囲気や不動産の販売に関する考え方等に共感いただけて、「ファインエステートに査定を依頼してみようかな?」と思われた場合は、次のステップとなる「対象となる土地や建物」を現地で拝見させていただきます。

2.不動産の現地調査

対象不動産である土地や建物について売主様から直接お話を伺います。その際、現地や周辺環境の調査、建築法規や権利関係の調査、周辺の売出し事例、成約事例などを調査し、より正確な価格査定のための準備をいたします。

3.査定報告書の提出と売り出し価格の決定

売却を依頼する場合「媒介契約」を結び、売却価格を決定します。対象となる不動産の特性を踏まえた販売プランを提示します。このプランをもとに売主と意見調整を行い、売出価格が決定されます。

4.媒介契約の締結

この媒介契約によって、売主のご依頼を正式にお受けしたことになりので、販売活動は媒介契約締結後とさせていただきます。

5.販売(売出し)活動の開始

大切な不動産をご希望に沿う形でご売却できるよう、ファインエステートでは次のような売却活動を行なっています。


・指定流通機構(レインズ)への登録
・自社ホームページ売買専用サイトへの掲載
・SNS(ブログ、フェイスブックページ等)への掲載
・不動産情報サイト「不動産連合隊」への掲載
・既存登録のお客様へのご紹介

6.販売活動状況の報告

資料請求や電話問合せ等の反響状況や内覧時のお客様の反応、ほかに販売に際して気付いた点などを報告します。

7.買付証明(購入申込書)の受理と売渡承諾書の交付

購入希望者から、希望する契約条件や契約締結予定日、代金決済予定日等を伺い、買付証明書を提出してもらいます。この買付証明書をもとに、売主と意見調整し、売主からは売渡承諾書を交付していただきます。

8.不動産売買契約の締結

売主と買主が売買条件で合意しますと、買主に重要事項説明を行なったうえで売買契約を締結します。売主は、買主より契約手付金(代金の5%~10%程度が一般的)を受領し、署名・捺印して売買契約は成立します。売買契約書面には、登記簿の内容と相違ないか、手付金など前金の金額、代金の支払い方法や引渡しの時期、特約事項など細かい項目が書かれています。ご確認ご納得のうえ、署名捺印するようにしてください。

9.引渡しの準備

残代金の受領日までに、引越しや公共料金の精算などを済ませ、買主へ引き渡せる状態にする必要があります。引渡しは契約時に約束した状態で行なわなければなりません。引越しのスケジュールをしっかり確認しておくことが大切です。

10.土地建物の引渡し・残代金の決済

契約に定めた内容で物件の引渡しを行ないます。物件の状況を改めて確認しておきましょう。残代金の受領と同時に物件(鍵)の引渡しを行い、売買契約の一連の手続きは完了します。売主は代金決済時に、以下のような書類が必要です。

 
<売主の必要書類>
・「権利証」(所有不動産の内容確認、所有権移転登記に必要です)
・「実印」(共有者がいる場合は、共有者分も必要です)
・「印鑑証明」(共有者がいる場合は、共有者分も必要です)
・「本人確認資料」(運転免許証などの公的身分証明書)
・「住民票」(現住所と登記上の住所が異なる場合は必要です)

 

函館で中古住宅をご売却するなら、不動産取引のプロであるファインエステートにご相談ください。

2018年(平成30年)4月1日より宅建業法が改正され、既存住宅(中古住宅)の取引において、宅地建物取引業者との媒介契約書面に「建物状況調査のあっせんの有無」が記載されることになり、重要事項説明が義務付けられました。気になる方は、インスペクション義務化で中古住宅売買はどう変わる?を参照してみてください。

将来的に函館で土地付建物、中古住宅などの不動産売却をご計画される方で、進め方や手続きに関してご不明な点やわからないことがございましたら、不動産取引のプロである私ども宅地建物取引業者がさまざまな知識や経験を有していますので、時間的に余裕のあるうちにお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算22年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。
arrow_upward