9:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2018年11月25日
ブログ

「ファインエステート」社名の由来|函館市

不動産という仕事をロゴマークにしようとした場合、家の形が自然でわかりやすくていいかなと考え、デザイナーさんに依頼して画像ようなロゴにしてもらいました。家の形になっているのがわかってもらえますか。
今日は、わが社のファインエステートという“社名の由来”について、少し話してみたいと思います。

ファインエステートは自作の造語

会社を設立しようと思ってからは、何かかっこいい造語は作れないものかとあれこれ悩みました。自分らしさを出したいなとも考えました。

実は、私は小学生の高学年から中学一年の夏までサッカーを、中学一年の秋から高校卒業まで卓球を続け、学生時代はずっとスポーツに慣れ親しんできました。フェアに戦う精神も大好きです。


さて、スポーツの試合でよく耳にする言葉に「ファインプレー」というのがあります。野球でもサッカーでもラグビーでも、潔く正々堂々と戦う姿勢や最高のプレーが出たときなどは心から感動するものです。このスポーツ選手のように、私も人の役に立ち、感動を与えるプレーヤー(仕事人)を目指したい。「ファイン」という語句を社名に使ってみたい、そう考え始めました。

また、不動産を英語で表記すると「RealEstate」(リアルエステート)です。もうおわかりですよね?
ファイン”プレー+リアル“エステート”= ファインエステート が誕生しました。

「お客様に満足していただけるようなサービスを提供し、たくさんの方に感動を与えたい。」、「ご縁があって出会ったすべてのお客様が素晴らしい財産を築いていただけるよう、精一杯お手伝いしたい。」という想いから、社名を「ファイン(素晴らしい、みごとな)エステート(財産、不動産)」といたしました。  

まさに社名が経営理念そのもの。この精神をいつも傍らに。

企業は世の中が必要とする物・サービスを提供し、お客様に満足していただくことによって、はじめて利益を得ることができるものです。

人が生まれて、入学して、卒業して、就職して、結婚して、子育てして、転勤して、退職して、それぞれの人生のライフステージに、「不動産に関わりながら、お客様から信頼され役に立ち、一生涯にわたって利用していただける企業でありたい。」

お客様の喜びを感じながら仕事ができる幸せは、私どもの最高の幸せです。これがファインエステートの目指すところです。末永くお付き合いの程、よろしくお願いいたします。

この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算22年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。
arrow_upward