9:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2018年12月10日
ブログ

函館の地価推移や土地の成約・取引価格を調べる方法

函館の土地成約事例、取引事例、また地価の推移を調べてみたい。でも、どうやって調べればいいの?日頃から、私も自ら活用しているサイトなどをご紹介します。

土地総合情報システム|国土交通省

実際に取引の当事者から回収したアンケートを元にデータが紹介されているので、参考になります。このサイトの特徴は、土地や中古住宅(土地と建物)、中古マンション、農地、林地まで閲覧可能です。希望の地域の取引事例を4年間まで遡ることができ、直近の2年間に関しては一編に抽出して見られるので、とても見やすく使いやすいと思います。

定点地価調査研究部会|公益社団法人 北海道宅地建物取引業協会 函館支部

ハトマークでお馴染みの宅建協会。中でも、函館支部の不動産近代化委員会が主催する定点地価調査研究部会では、公示地価基準値地点の実勢相場に関する意見交換や情報共有を目的とした会員相互の研究部会が毎年開催されています。

 
先にご紹介した国交省の土地総合情報システムは、取引の当事者が提出したアンケート結果に基づくものですが、当事者の協力が前提であるためすべてのアンケートを回収できているとは限りません。


宅建協会函館支部の定点地価調査研究部会に参加している会員(宅建業者)では、上記システムに反映されていない成約事例を持っている場合があります。この研究部会には当社も毎年参加しておりますが、函館の地価相場に関しては、最も精通しているところだと感じています。ご関心のある方は、宅建協会函館支部会員に問い合わせされてみるとよいでしょう。但し、個人情報保護の観点から、国交省のシステム同様、実際の取引場所には言及できませんので、「周辺相場を知る」くらいの感覚で尋ねてみるとよいでしょう。

以下に、宅建協会函館支部会員名簿のリンクを貼っておきます。

http://takken-hakodate.com/list/

 

 

 

この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算22年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。
arrow_upward