9:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2018年12月22日
ブログ

「鹿部プレミアムたらこ御膳」(ホッケの煮付け編)|浜のかあさん食堂(道の駅しかべ間歇泉公園)

2016年春の開業後、押し寄せる観光客で大賑わいの道の駅しかべ間歇泉公園。鹿部漁協女性部10名が交代で営業を続ける『浜のかあさん食堂』で、ホッケの煮付けがついた鹿部プレムアムたらこ御膳を食べて来ました。 

鹿部プレミアムたらこ御膳、今の旬はホッケの煮付け。

鹿部の名産品といえば「たらこ」。
旬の魚の煮付けとタラコがまるごと一本載ったごはんを定食にしている、鹿部プレミアたらこ御膳(税込1000円)です。

2018年12月、今回は旬であるホッケの煮付けです。
浜のかあさん食堂では、味が染みすぎないようにと、注文が入ってから煮付けてくれるので、しょっぱくない(塩辛くない)やさしい味付けがうれしい。待つこと約10分。注文時に渡された番号(札)を呼ばれたら、自分で受け取りに行くシステムです。ちなみに、お茶やお水もセルフサービスになっています。

メニュー構成は、白いご飯に一本まるごと載ったたらこ、ホッケの煮付け、刻みネギとふのりのお味噌汁、たくあんの御新香、昆布とらっきょの酢漬けです。

前回食べたとき(3月中旬)は、子持ち宗八カレイの煮付けがセットになった鹿部プレミアム御膳をブログで紹介しましたが、食材となる魚は鹿部漁協が提供してるだけあって、街の定食屋さんではお目にかかれない見事な肉厚ぶりです。これで1000円は絶対にお得、食べるたびにそう感じます。


旬の魚の煮付けが食べられる鹿部プレミアムたらこ御膳。
これまでに食べたのは宗八カレイ、ホッケですが、10月下旬頃は鹿部前浜で水揚げされたキンキの煮付けを注文できるようなので、ぜひ機会を逃さないように食べてみたいものです。

浜のかあさん食堂の営業時間は11時から14時までです。週末は混みあいますので、お早めにお出かけください。

ここさねまれってば...???

道の駅の建物前に設置された木製ベンチに、「ここさねまれってば」というプレートがあります。みなさん、意味わかりますか???
実はこれ、北海道弁の訛りというか方言です。
訳すと、「ここに座っていけば?」です。
ご高齢の方が使う方言で、若い人はあまり使わないのです、ちょっとユニークなものを見つけたので紹介してみました。

浜のかあさん食堂情報(道の駅 しかべ間歇泉公園 物産館内)

■店舗名: 浜のかあさん食堂(道の駅 しかべ間歇泉公園 物産館内)
■所在地: 
茅部郡鹿部町字鹿部18番1号
■電話:  
01372-7-5655
営業時間:11時~14時
駐車場: 有り・60台

この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算24年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。函館ラ・サール卒21期生。
arrow_upward