9:00 - 18:00
日曜・祝祭日
2020年03月16日
不動産売却の知識とノウハウ

不動産売却で業者買取を選択するメリット・デメリットを解説

所有する土地や一戸建てを売却したい。そんなときの不動産売却の方法として、仲介と買取の2種類があります。

不動産業者に買取してもらうメリットは、一方では仲介で売却する際のデメリットにもなり得ます。

ここでは、買取について詳しく調べたい方に向けて、買取に向いている場合や利用するメリット、また仲介との違いについて解説します。

①早期に売却できる

不動産を一般市場に流通させて仲介で売り出す場合は、購入希望者の内覧見学や購入を決めてからの住宅ローン申込み手続き等でどんなに最短でも2~3ヶ月程度は日数を要するものです。

それに比べて買取は、時間をかけずに早期に不動産売却を実現できる利点があります。

なんといっても、買取の最大のメリットはスピード売却が可能であることに尽きます。

②住み替え等の計画が立てられる

仲介の場合、買い手が現われない限り「いつ売れるかわからない」といった側面があります。

しかしながら、不動産業者に買取してもらう場合は不確定要素が無いため、その後の住み替え計画等がしっかり立てられる利点があります。

物事を計画的に進めたい方は、買取のほうが向いています。

③物件所在地と居住地が離れている

親が住んでいた実家を売却するときなどは、このケースに当てはまります。

売却対象となる不動産所在地と売主のお住まいの地域が遠く離れている場合で、仲介で売り出すときは不動産業者との面談や打合せに、また買い手が現われたときは契約締結や代金決済・物件の引渡し等に、度々足を運んでいただく場面が出てきます。

買取は仲介に比べて掛ける手数が少なく済むので、時間と費用のコスト節約に利点があります。

④ご近所に知られたくない

仮に、現地に売り物件の看板を設置することを控えたとしても、WEBサイトやポータルサイトに広告を掲載しないで売ることは非現実的です。

不動産を売却する場合は必ず広告に出すものですが、どうしてもご近所の方に知られてしまうことは避けられません。

 

首都圏などの大都会と違い、地方都市では、やはり世間体が気になるものです。

ご近所さんから「○○さん、家を売りに出したの?」と聞かれた際の返答に煩わしさを感じることを避けるられるなら、買取のほうが精神的な負担がありません。

⑤売主の瑕疵担保責任を免れたい

中古住宅の売買では、引渡し後に欠陥などが見つかり、その賠償責任をめぐってトラブルになることが後を絶たないのも事実です。

 

不動産を売却する前に十分な調査を行い、また専門家によるインスペクション(建物状況調査)等を上手に活用し、引渡し後のトラブルを予防するための準備が必要なのですが、それにしても売主のリスクが完全に無くなることはありません。



買取の場合は、不動産のプロが買主になるわけですから、売主の瑕疵担保責任を免責し現状有姿渡しという条件で売却することが可能となり、仲介に比べて大きな安心感を得られることでしょう。

 

【関連記事】

インスペクション義務化で中古住宅売買はどう変わる?

初めて中古住宅の建物状況調査(インスペクション)を経験した感想と得られたもの

⑥仲介手数料が不要

仲介で売却する場合は仲介手数料(契約金額×3%+6万円(税抜))がかかりますが、買取の場合は仲介業者が介在しないため仲介料手数料が発生しません。

⑦建物の修理やリフォームが不要

買取する不動産業者は、リフォーム後の再販を前提にしていることが多いため、オーナー自らが修理やリフォームの心配をする必要がありません。

⑧残置物の撤去処分が不要

仲介で売却する場合は、内覧に備えて家の中を片付けたり掃除したり、また不用品の処分等を行ない、購入希望者に良い印象を持っていただくための作業が必要となります。

 

対して買取の場合は、家の中にある家具や家電の処分をまとめて不動産業者に依頼することも可能です。

売主は不用品処分のための作業時間や煩わしさから解放されます。

残置物処分をあわせて依頼したい場合は、買取金額に影響を与えるので、事前にお知らせしておくのがいいでしょう。

⑨買取の相場価格について

不動産を買取してもらう場合は、仲介で売却するより価格が安くなります。

不動産業者にとって買取は商品の仕入れ行為になるので、卸価格でなければビジネスになりません。つまりエンドユーザー価格(市場価格)では購入できないわけです。



一般的には、市場価格(実勢価格=実際に取引が成立するであろう価格)の60%~80%と言われていますが、地域性が関係します。

 

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県などの首都圏では市場価格の8割程度で買取りされてると聞きますが、地方都市ではおおむね市場価格の7割程度で買取りされているのが一般的です。

 

但し、不動産業業者は買取後の再販を前提にして仕入れますので、不動産業者がリノベーション等により加工して商品化できるか否かがポイントになるので、外観の形状や間取りはさることながら、敷地の形状や立地によっては買取が出来ないケースもあります。

 

業者によっては戸建やマンションなどの中古物件は買取るけど、土地は買取らないなど、その会社の営業方針によって条件が異なります。詳しくは買取を行なう不動産会社に相談されるのがよいでしょう。

 

【関連記事】

不動産売却は仲介と買取どっちがいいの?特徴や査定額の違いを知っておこう

 

ファインエステートにおいても不動産の買取を実施しています。
ご不明な点はご相談ください。


家やマンションなどの不動産が「早期に売れた」、また「高く売却できた」人は、総じて依頼した不動産仲介業者に対する満足度は高いものです。
問題は思うように売れない場合です。
ここでは業界歴25年のキャリアをもつ宅建士が、これまでに受けた数々の相談事例の中から、売主が不動産売却中に抱く悩みやストレスの代表的なものをご紹介しつつ、皆さまに懸案事項解消のヒントを得ていただきたいと願います。
相談事例にみる不動産が売れない悩みとストレス、そして解消法の提言。
家やマンションなどの不動産が「早期に売れた」、また「高く売却できた」人は、総じて依頼した不動産仲介業者に対する満足度は高いものです。 問題は思うように売れない場合です。 ここでは業界歴25年のキャリアをもつ宅建士が、これまでに受けた数々の相談事例の中から、売主が不動産売却中に抱く悩みやストレスの代表的なものをご紹介しつつ、皆さまに懸案事項解消のヒントを得ていただきたいと願います。
この記事を書いた人
藤原 滋己 フジワラ シゲキ
藤原 滋己
函館ラ・サール卒。商船系データ通信会社から建築・不動産産業界へ転身。宅地建物取引士+二級建築施工管理技士。ハウスメーカー勤務時代に、木造住宅の工事監督のちに住宅・アパート・店舗・寺院など様々な建築物の営業を経験しました。建築不動産の営業歴は通算25年。 安心かつ安全な不動産取引のために、これまで培ってきた知識や経験・ノウハウを、お客様へのサービスのために全力で提供します。遠慮なく何でもご相談ください。きっとお役に立ちます。
arrow_upward